生活

家事効率化のアイデア!<洗濯編>部屋干し!収納!アイロン!洗濯物を減らす!

今回は、家事を効率化するアイデアを

「洗濯編」で考えてみました。

 

お伝えするのは、

「あえて部屋干しをする」

「洗濯物の収納場所を変える!」

「アイロンがけの効率化」

「洗濯物を減らす」です。

どうぞご覧ください。

 

■ 家事を効率化するアイデア!あえて部屋干しをする

生活動線を変えると、

家事を効率化することができると言われます。

 

動線というのは、

家の中で移動する経路のことです。

 

生活動線しては、洗面所とお風呂が

近い場所にあるから便利だというわけです。

 

また当たり前のことですが

玄関に靴を収納するスペースが設けられています。

 

洗濯の家事動線はどうでしょう?

意外と不便ではありませんか?

 

洗濯機の位置と洗濯物を干すベランダは、

離れていることが多いです。

 

洗濯物を干す作業の効率を考えると、

洗濯機からベランダまでの家事動線を変更したいものです。

 

そうは言っても、

間取りを変えることはむずかしいですよね。

 

思い切って洗濯機の近くに、部屋干し

するスペースを作ってしまいましょう。

 

あえて部屋干しをするスペースを作って、

ベランダまでの往復回数を減らします。

 

部屋干し家電として、

「衣類乾燥除湿器機」を導入できるのなら、

部屋ごと乾燥と除湿が可能になります。

 

衣類乾燥除湿器機は、

部屋の除湿機に衣類の乾燥もできる機能があるものです。

これがあれば、部屋干しの時間を短縮できます。

 

洗濯物が多い家庭は検討してみてください。

 

■ 家事を効率化するアイデア!洗濯物の収納場所を変える!

 

生活動線としては、お風呂場の脱衣場に

下着やバスタオルの収納場所があれば便利です。

 

家事動線を変える応用としては、

洗濯物の収納場所を変えてみてはいかがでしょうか?

 

ベランダ干しする場合は、

ベランダの近くに衣類の収納場所があれば、

移動する距離が短くなります。

 

部屋干しするスペースが決まっているなら、

その近くに衣類の収納場所があれば楽になります。

 

着替えは、そこに取りにきてもらうことにしましょう。

子どもたちとママの分だけも試してみてください。

 

■ 家事を効率化するアイデア!洗濯カゴの仕分け方

 

洗濯カゴを増やして効率化したい場合は、

ラベリングすることをおすすめします。

 

ラベリングの仕方は、

家庭の都合に合わせましょう。

 

大人と子供の衣類を分ける。

下着とそれ以外の衣類を分ける。

タオル類だけ別にする。

など。

 

洗濯カゴを増やしてラベリングする一番の目的は、

洗濯物を干す作業と

取り込んでたたむ作業を効率化することです。

 

混同させないことで、

洗濯の一連の作業を楽にすることですね。

 

ただし家族の人数が少なくて、

一度にまとめて洗ってしまえるぐらいの量であれば、

洗濯カゴを増やさいないほうが楽です。

 

■ 家事を効率化するアイデア!アイロンがけの効率化

 

まとめてアイロンがけする場合、

効率化するには低温から高温への順番にしましょう。

ポイントは、温度を冷ます時間のロスを作らないことですね。

 

(1)低温+ドライモードでアイロンがけする衣類の素材

シルクやポリエステル

(2)中温+スチームモードでアイロンがけする衣類の素材

ウール

(3)高温+霧吹き+ドライモードでアイロンがけする衣類の素材

綿や麻素材

 

ハンカチは、衣類のアイロンがけが終わったあと、

余熱を利用すれば効率がよくなります。

 

 

アイロン台の足の出し入れをやめたいときは、

アイロンマットにする手もあります。

 

アイロンマットは足がついていないシートタイプなので、

どこでも広げれば使えます。100均でも売っていますよ。

 

 

また衣類スチーマーなら、

アイロン台なしで衣類のシワを取ることができます。

 

アイロンがけが苦手な男性でも使えるので、

ちょっとしたものは自分で

やってもらうことも可能です。

 

衣類スチーマーは脱臭や除菌ができるものもあるので、

一つあると便利ですよ。

 

■ 家事を効率化するアイデア!洗濯物を減らす

洗濯物を減らすという発想では、

マット類の使用をやめるというのが定番です。

 

トイレマットやバスマット、

キッチンマットなどの使用をやめれば、

洗濯物を減らすことができます。

 

トイレやキッチンはスリッパを使うようにして、

お風呂あがりはタオルを使うようにすれば、

マットだけを別に洗濯するという手間が省けます。

 

■ まとめ

 

自分の家族構成や部屋の間取りを考えれば、

家事の効率化のアイデアは生まれてきます。

今回お伝えしたアイデアをヒントにして、

自分の家庭にあった方法に応用してみてください。

 

 

関連記事

  1. 生活

    もうすぐお盆!お姑さんの前でも恥ずかしくないお盆の意味とマナーとは!?

    ★お盆が近づいてきました。★夏もここから、うだるような暑さが続き、…

  2. 生活

    ステンレスを掃除するお勧めの方法とは!?白い汚れも簡単に落ちる!?

    キッチンにあるステンレスシンクなど、日常的…

  3. 生活

    快適な暮らしには枕が重要?!おすすめの枕はこんなにあった!  

    毎日生活をしていると、仕事や家事などやるこ…

  4. 生活

    枝豆の鮮度を落とさない最適な保存方法!冷凍ではダメなの!?

    ご主人やお子様が枝豆好きで、おやつにすることが多く、切らさないよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生活

    ベランダとバルコニー、テラスは実は全く違う!?正しい違いを知っておこう
  2. 生活

    もうすぐお盆!お姑さんの前でも恥ずかしくないお盆の意味とマナーとは!?
  3. 人生のイベント

    結婚披露宴に呼ばれたらご祝儀金額には要注意!相場や最低限のマナーとは!?
  4. 生活

    鍋は大きさ次第で味が激変する!?一人暮らし用に最適な鍋の選び方
  5. 生活

    家事の効率化のアイデア!朝食準備!洗い物!二度手間のない掃除!
PAGE TOP