子育て

乳児は湿疹とあせもの違いが分からない!?見極めないと危険な事も…!?

 

乳児を育てているとたまにあるのが

「湿疹とあせも」の違いがわからないことです。

 

私も自分の子供が小さい頃

子育てをしている時、

これは湿疹なのか、あせもなのか

悩んだ経験があります。

 

ぱっと見ただけだととても似ていて、

どちらの症状かいまいち

わからないことも少なくありません。

 

ですが、見極めないと実は

危険な場合があるんです

 

そこで、今回は乳児の湿疹とあせもの

違いについて紹介していきます。

 

 

乳児の湿疹は命に関わるほど危険なことも!?

 

 

湿疹と聞くとそこまで重い症状ではない、

そういう風に感じますよね。

 

実際、大人が湿疹になっても

肌が荒れる程度で、薬を塗れば

すぐに治りますし、

問題ないと考えがちです。

 

ですが乳児の湿疹は少し違います。

 

乳児の湿疹は、まず大人のように

自制しないのですぐに

かいてしまい症状が悪化します。

 

肌の見た目が悪くなるのはもちろんですが、

乳児にはそれ以上に危険なことがあります。

 

 

実は、乳児の湿疹は食物アレルギー

原因になり得るんです。

 

食物アレルギーは食べたものの中から

アレルギーになると勘違いされがちですが、

肌から食物を吸収した際も

アレルギーなることがあります。

 

通常は肌は皮脂などのバリアで

守られていますが、湿疹が出てさらに

そこをかいてしまうと、肌が荒れてしまい

そこから食物アレルゲンが侵入してしまいます。

 

ですので乳児の湿疹はアレルギーの

原因を作ってしまうんです。

 

私も子育てをしている時自分の子供が

湿疹ができているはよく見かけましたが、

しっかり対処していたので

アレルギー症状は出ませんでした。

 

ですが、その対策を怠っていたら

食物アレルギーが発生していたか

と思うと少し怖いです。

 

赤ちゃんに湿疹ができていたら、

しっかり対処して直してあげましょう。

 

くれぐれも肌が荒れるまで

放置するのだけはやめましょう。

 

 乳児のあせもと湿疹はそれぞれ対策が違う!

 

「あせも」と「湿疹」は一緒のくくりに

されがちですが、症状が似ているだけで

原因が違うんです。

 

「あせも」はその名前からもわかるように

汗が原因で、汗をかいてる状態を

放置しているとあせもができてしまいます。

 

逆に「湿疹」は症状の原因がわからない

場合も少なくありません。

 

ですが大体の場合ですと、

遺伝かアレルギーのどちらかになります。

 

ですので、あせもと湿疹を見分ける

コツとしては、汗をかいている部分が

赤く盛り上がってるかどうか

を確認してみてください。

 

脇などの汗をかきやすい場所は

「あせも」、そうでない場合は

「湿疹」を疑うといいです。

 

こんな原因の違う二つ、

対策法もちょっとずつ変わってきます。

 

そこで、あせもと湿疹それぞれの

対策法について紹介していきます。

 

・あせもの対策法

 

あせもは基本的に汗から

できることはわかっていますので、

乳児の体をこまめに

拭いてあげることが大切です。

 

お風呂上がりであったり、

暑い夏場は特に注意が必要です。

 

あせもができやすい場所としては、

脇や首回りは特に注意してください

 

この辺りにクリームなどを

付けてあげたりして、

肌荒れを防いであげると

あせもがひどくなることはありません。

 

私は子育てをしている時に

あせもを確認していたのは、

お風呂上がった後に体の周りを

チェックしていました。

 

しっかり水滴が残らないように

拭いてあげながら、肌荒れをしていないか

確認しやすいのでお勧めのやり方です。

 

・湿疹の対策法

そんなに汗をかいていないのに

あせものような症状ができている場合、

これは湿疹の可能性が高いので

対処する必要があります。

 

ですが、個人で対策するのは

意外と難しいです。

 

肌荒れに効くクリームなどを塗るのは

もちろん効果的ですか、湿疹は、

遺伝はもちろんアレルギーなどが原因になります。

 

ですので、汗をかいていないのに

体にあせものような症状が出ている場合は、

病院で確認してみるのがおすすめです。

 

あせもだと思って安心していると、

湿疹の症状がひどくなってしまい、

アレルギーの原因になってしまいます。

 

湿疹だと確信した場合はもちろんですが、

あせもか湿疹かわからない場合も

お医者さんに判断してもらうのが無難ですね。

 

私は子育てをしている時も、

湿疹とあせもか分からない場合は

もちろんですか、こまめに汗を拭いているのに

症状が残る場合はお医者さんに行っていました。

 

分からない場合は自己解決しないのが無難ですよ。

 

お医者さんに見せて確認してみましょう。

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

・あせもと湿疹は原因が違う

あせもは汗を綺麗に拭くことが大切

・湿疹の場合は、診察を受けるのが無難

 

になります。

 

 

子育てをしていると分かりますが、

赤ちゃんの肌質が基本的に綺麗だからこそ、

肌荒れをしていると目立ちます。

 

また、湿疹あせもを放置していると、

跡が残ってしまうこともあります。

 

ですので、どちらだったとしても

きちんとした対策が必要です。

 

肌を保湿してあげることが

大切ですので、乳児用の

保湿クリームを常に持っておくことや、

肌の状態を定期的に確認してあげてください。

 

肌荒れからアレルギーにならないように、

湿疹の際は注意してくださいね。

関連記事

  1. 子育て

    子育てで旦那にストレスを感じる瞬間とは?原因や対処法を徹底解説!

    新婚当時は旦那に不満やストレスを感じたこと…

  2. 子育て

    子供の睡眠不足は成長を妨げる!絶対取るべき睡眠時間とは!

    子供の睡眠不足は、心と体の成長を妨げるという話…

  3. 子育て

    イライラすることも多い!?大変な子育ての疲れ解消を徹底解説!

    子育てを実際にしたことが無い人はイメージがしにくいかもしれません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生活

    部屋の乾燥対策にコップは意味なし!?加湿器を使わず手軽にできる乾燥対策
  2. 生活

    工夫次第で効果十分な、手抜き家事で時短を実現する方法!?と家電導入のポイント!
  3. 生活

    もうすぐお盆!お姑さんの前でも恥ずかしくないお盆の意味とマナーとは!?
  4. 生活

    あなたに合った「お金を貯めるコツ」とは?
  5. 健康

    医師から告げられた糖質制限!下げる食べ物だけじゃ安定しないから要注意!
PAGE TOP